実はお得!?新入社員向けに活用したい研修とは

新入社員に受けさせたい研修

新たに新入社員を雇用した際に問題となるのが研修です。特に中小企業の場合、新入社員育成に人員が取られてしまうと、本来の業務に支障が出てしまうこともあります。しかしだからといって研修などを全く行わないと、いつまでたっても戦力になってくれない可能性もあります。そのようなときに活用したいのが社外研修です。これは外部の業者が開催する研修を利用し、新入社員を育成するという方法です。社内の人員を充てることなく新入社員の育成を行えるのが特徴です。

社外研修を活用する理由

社外研修を活用する理由として、社内の人員を充てる必要がないというのも理由の一つですが、専門のプロに依頼できるというのも大きな理由です。特にビジネスマナーなどは改めて学ぶことで、自身の認識を改めることができるので、新入社員だけでなく現在働いている社員が受けるのもよいでしょう。また同業者団体の開催する研修であれば、その業種に関する様々な知識を学ぶことができるため、社内で研修を行うよりも効率よく社員育成が行えることもあります。

場合によっては助成金が活用できる場合も

研修の内容によってはキャリアアップ助成金制度をはじめとする、様々な助成制度を利用できる場合があります。これらの制度を利用することで会社負担を少なくしながら社員育成を行うことが可能となります。ただし助成制度の利用には様々な細かい条件などが設定されていることもあるため、事前にしっかり確認しておくことが重要です。上記のような研修や助成制度を活用し、いち早く新入社員を一人前に育てるのも企業の役目と言えるでしょう。

社員研修を実施する意義としては、社員間の人事交流を盛んに行うことや、業務上に必要な知識を身につけさせることなどがあります。