皆の前でも恥ずかしくない!?貰う人の気持ちに配慮したトロフィー選び

トロフィーのサイズは貰う人の身長を考慮して

大会のグレードが高ければ高いほど製作される上位入賞トロフィーは大きく豪華になるのが一般的ですが、それにしても貰う人の身長を始め体格に全くマッチしていないというケースもよく見られます。小柄な女性が参加者の主体となる競技や大会において、バランスを乱してまで大きすぎるトロフィーを貰っても受け取りに苦労するだけですし、それでは表彰の瞬間を撮影されても全く画にならないものですよね。やはり競技や大会の参加者層を入念にリサーチし、その平均的な体格に見合った大きさのトロフィーを製作依頼するのがベストでしょう。

豪華すぎるトロフィーも考えもの

競技や大会のグレードを全く無視したトロフィーもまた考えものでしょう。ごくごくローカルな競技や大会において、そのグレードに全くそぐわない豪華すぎる装飾や材質を持ったトロフィーを受け取っても、入賞者は逆に困惑してしまう事でしょう。トロフィー製作は大会運営費から捻出されるケースが殆どですから、それだけに多くの費用を注ぎこむのは明らかに無駄が多すぎますよね。何事もバランスが大事、競技や大会のグレードや知名度にマッチさせるのは何より大切な事なのです。

トロフィーの装飾は大会のジャンルに合ったものを

入賞者が貰って満足感や充実感を得る事の出来るトロフィーは、そのジャンルでの大会や競技で入賞した事がひと目見て分かるデザインである事が重要な条件であるに違いありません。ただ豪華で見栄えがするからと言って、まったく違うジャンルの競技をモチーフにしたデザインや装飾では場違い感が甚だしく、表彰式で貰っても決して嬉しくないものですよね。ある程度のデザインは製作業者に注文が利きますから、あくまで競技のジャンルに沿ったデザインを依頼したいものです。

トロフィーは専門業者へ依頼して用意するのが一般的です。通販サービスを使って用意することも可能な時代です。