LEDは電気代が安く長持ちなどメリットたくさん!

消費電力が少なく電気代が安い

LEDとは発光ダイオードのことで、電気を流すと発光するというものです。その消費電力は白熱電球に対し五分の一程度です。寿命は白熱電球の1500時間程度に対し、LEDは何と4万時間です。永く使えるので電球の交換の手間も少なくなりますし、消費電力が少ないということは電気代も安く済むのです。消費電力が少ないということは二酸化炭素の排出も少ないということになり、環境にも優しい。その量も何万トンという規模になり決して微量ではありません。

具体的コスト面を見ると・・・

100円均一で売っている白熱電球を約10年使った場合、20~40回交換が必要なのでコストは最高で1万2千円ほどになってしまいます。LEDは約11年もちますので、買い替えが必要なく購入コストだけです。価格も2千円ほどで購入できるので、1万円もの差がついてしまいます。電気代も約五分の一ということで白熱電球が1年で約2500円ですとLEDは500円です。微々たるものかもしれませんが、長い目で考えると一泊分の宿代くらい節約できるのです。

細かな嬉しさもあります

LEDはかゆいところに手が届くような、ちょっとした嬉しいこともたくさんあります。例えば紫外線を出さないので虫が寄り付かなかったり、電気をつけるとすぐに明るくなったり、落としても衝撃に強かったり、頻繁につけたり消したりしても寿命が縮まないなど。いかがでしたか?熱に弱く使う場所が限られるなどの面はありますが、LEDはメリットだらけと言っても過言ではありません。早く使い始めるほどお得なので、早速LEDに換えましょう!

ledパネルは、日常生活の中のあらゆる場面で取り入れられており、昼夜を問わず活躍できることが話題となっています。