解決できないこともあるネット誹謗中傷の例を知っておこう

自分の意志によって対策をとることができる

会社を経営しており、なんらかの恨みを買ってしまい、誹謗中傷がネットの掲示板に書き込まれると大きな損失を生むことになります。インターネットが普及したいま、新規顧客などはまず相手の情報収集をネットから行います。そんなときその誹謗中傷が検索上位にあがると、損失に繋がることになるでしょう。そんなときは立ち向かう意志を持てば、それに対抗することもできます。しかし完全に取り除けないこともありますので、その点はよく理解しておきましょう。

対策会社が対応できないことも

ネット上の誹謗中傷に対する対策を行う会社があります。掲示板に書き込まれた誹謗中傷を目につかないようにするために、対策会社が掲示板に書き込んで表示されにくくしたり、また逆SEOといって検索エンジンで上位に上がらないようにすることも可能です。ただしインターネットは驚くほど急速に情報が広まります。そんなときは対策会社では手に負えないことも多いです。対策会社によっては改善できなかった場合、報酬を受け取らないところもあります。もしものことを考えてそのような会社に依頼することも大切です。

削除できないこともある

発信者の情報開示請求をプロバイダに行って、相手の情報を得ることもできますが、日本には表現の自由があります。どのような意図を持って書き込んだのかを念のためにプロバイダが聴取をし、そこで弁護士などのアドバイスを得て、情報の開示を決定します。表現の自由から欲しい情報を受け取ることができないこともあります。また誹謗中傷と感じ取っていても、それが真実であった場合、削除させることは難しいです。削除よりも目に付かない対策をするのがベストの対策です。

逆SEOに取り組むためには、高額な外注費用が必要となることがあり、しっかりと資金集めをすることがコツです。